緊急事態宣言…不安と向き合う

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が発令され、仕事や生活、あらゆる面で自粛しなければいけない日々が続き、メンタル不調に陥る事も想定されます。
事業継続に対する不安、雇用継続への不安、生活の不便などがストレスとなり、心身に支障をきたしてしまう事も不思議ではありません。
事業が継続できなくなってしまう、職を失ってしまうことは、人生にとって大変な危機ですので、大きなストレスとなる要因です。
ただ「どうしよう、どうなってしまうんだろう」と言っているだけでは、問題は解決できませんし、不安とストレスは取り除けません。更に今回は収束が見えないため、時間の経過を待つだけでは改善は期待できません。
感染拡大防止を意識した個々の行動は勿論ですが、経営、収入面や生活面の問題と向き合い、苦しい今を乗り越える事ができるように必要な行動をとりましょう。
一人で乗り越える事が困難な場合は、まわりの人や公的機関、支援機関の援助を受けることも大切です。