何を相談したいかわからない時

キャリアコンサルティングと聞くと、「転職支援をしてくれる人」という認識をしている方が多くいらっしゃるようです。
実際、転職相談は多いように思いますし、確かに転職支援も業務のひとつではあります。
私は、キャリア相談の基礎はその前段階、「自己理解」にあると思います。
キャリアを考える上で、まず、自分を知る事が最初のタスクです。
自分がどんな人生を歩みたいのか、何を大切に生きていきたいのか、それがわからなければ、どんな行動をすればよいのかわからないからです。

「このまま同じ生活を続けていく事に不安が募ってきた」「モチベーションが維持できなくなってしまった」など、日常でそういった感情に悩まされているという時が、キャリアコンサルティングをうけるタイミングです。
ある程度の意思決定をして、相談内容を決めてから相談に来る必要はありません。どうしたいかわからないから、相談してみようというスタンスでOKです。